<< 陸前高田のボランティア/現状編 | main | 祝! 中村吉右衛門が人間国宝 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

陸前高田のボランティア/こんな感じだよ編

 正直言って、私はこの旅行に出るまで、日本人の桜に対する愛着を十分に理解できていませんでした。前の年、吉野の桜を見に行った時も、「なるほど、桜が多い」と思っただけでした。(中略)東北の長い冬の後、黒い森の中で桜が咲くのが、本当の桜の良さなのだと初めて分かって、更に芭蕉の連句における手腕が分かったような気がします。

 
 ドナルド・キーン氏の『私の大事な場所』の中にある一節を、改めて思い返しました。

 今回お手伝いした家のひとつの住人、アヤ子おばあさん(77歳)は、今、避難所兼老人ホームにひとりでいます。震災前は、孫と2人暮らしだったそうですが(なかなか複雑な家庭事情)、震災後、陸前高田には職がなく、お孫さんは大船渡に行き、別々に暮らすことになったそうです。1週間に一度、アヤ子さんに会いに来て、少し遠くのファミレスに連れ出して、「なんでも好きなもの食べて!」と言ってくれるとのこと。ファミレスに食べたいものはそんなにないけど、自慢の孫の優しい気持ちがうれしくて、いつもご馳走になっているそうです。
 3月11日、毎年行われている検診(?)を受けに、海側にある役所に午前中出掛けていたアヤ子さん。例年は午後までかかっていたのに、なぜかその日は午前で終わりました。そして、自宅で被災。周りの家の人たちに連れられ高台に逃げ、命を取り留めました。ここは比較的内陸で、波の到達まで時間がかかり、死者を出すことなくみんなが避難できた地域です。「もし、午後まで役所にいたら、死んでたのよ」と、ポツリ。
 罹災後、お孫さんと連絡が取れず、お互いに死んだと思っていたそう。ところが、3日後、下の写真のお庭に出ると、ふらりとお孫さんが立っていました。帰ってきたんです! 2人とも泣きながら無事を喜び合ったそうです。
「無事に会えてよかったですね」と言う私に、「そう。そういう話はね、いーっぱいあるの」と答えました。

「津波で死んじゃえばよかったと思ったこともあったけど、今は絶対にそんなこと思わねぇ」

そう、力強く言ったアヤ子さん。歩いて30分もかかるという避難所に、「私たちのバスで送ります」と申し出ても、かたくなに断ります。「あんまり運動してないから、歩かないと。だって、足が悪くなっちゃったら、長く生きてもつまらないから。途中で車が通ったら、適当に乗せてもらうから、いいのいいの」

彼女だけではありません。東北の人たちは、深い悲しみの中から、自分たちの力で少しずつ立ち上がり始めていると感じました。

今回のボランティアでは、民家の瓦礫撤去をしました。約20人で3日間、畑2面と民家2軒の瓦礫やゴミを撤去しました。まずは成果をご覧ください!

before

 After

 before

 
After












このほかにも、畑に散らかっていた木材や壊れたビニールハウスも撤去しました。家の中もグチャグチャでしたが、アルバムや通帳、証書類などを残し、すべてを分別しながら捨てていきます。

運び出したゴミはこんなふうに分別して道路脇に寄せておきます。
 すると、行政がピックアップしにやってくる…そうですが、今、瓦礫を処理する方法、処理場がないという問題が上がっており、ピックアップも滞っているそう。
 木材や洋服、紙類などは水を吸ってニオイを発しはじめるということで、地域の方で、畑で燃やしてしう予定だそう。
 ボランティアした日も、木材だけはどんどん燃やしました。

 私たちのようなボランティアは、テレビで自衛隊が作業しているような、行方不明者がたくさん出たような場所には派遣されません。地域によって違いはあるかもしれませんが、各地域のボランティアセンターに、自治体や団体、個人宅から「ボランティアを、こういう作業のために○人くらいお願いしたい」という要請が届いており、同じくボランティアセンターに「○人で作業しに来た」と登録するボランティアをマッチングさせ、派遣されます。作業場に行くと依頼者の方がいて、その日の作業を細かく指示します。

作業をしていると、周辺の住人の方が、自分の家を片付けてもらっているわけではないのに、飲み物などの差し入れを持ってきてくれます。バスに乗って帰るとき、住人の方々が一生懸命手を振ってくれてジーンとします。

作業中のお手洗いは、近隣の方のお宅で借りました。津波で1階部分の床がほぼ全部はがれ、板を渡してなんとか暮らしている状態の家。1階のトイレのドアも流されていましたが、2階がまったく無傷だったそうで、1階はほぼ吹き抜け状態(ただし、ドアや窓がはめてあります)にも関わらず、そのまま暮らしています。こういう方を「自宅被災者」と言うのかもしれませんが、「まあ、暮らせるし…」とポジティブ。「津波があったのに、こんなにきれいに咲いたのよ。うれしい〜」と奥様が見せてくれたのが、下のボタン。強い!



ボランティア参加する前は、「とにかく私たちが少しでもお役に!」と鼻息が荒かった私たちですが、実際には、自分たちで復興に向かって動き始めた住民の方の手となり足となる…という感じ。「行政に頼ってると、いつまでたっても終わらない」と、自らボランティアを指揮して、片づけを進める姿には、こちらが元気をもらいました。

今回、1日だけ避難所のボランティアに行きました。保健士さんたちのお手伝いで、女性向けに化粧品などを配ったり、体重や体脂肪を測る簡単な健康相談の雑事を担当しました。
テレビで見るような、体育館でダンボールや専用の仕切りで区切ったスペースに、何家族もがひしめきあっています。
おばあさんに、「娘がまだ見つからないの。母親がいなくなった孫がかわいそう」などと話しかけられ、言葉がつまります。
逃げるとき、人の姿は見えないけれど「助けて」「助けて」という声を聞き、だけど振り切って逃げたという人、流されていく車の中にいる人と目が合いそれが忘れられない人。そのときは必死だし、まさかこんな結果になると思わなかった。仕方がないことだけれど、罪悪感を抱えてしまったり、悲しい話はたくさんあります。
「話を聞くだけでもボランティアになる」というのは、それは違うなーと思いました。何も答えられず、ただ聞くことしかできない私は、お役に立っていません。私に話せるというのは、その人たちが自分で心の整理を付けたということだと思います。もしくは、ムリしてそうふるまっているか。そこから深く、心のケアをするのは、素人ではなく専門家の仕事です。
避難所ボランティアを希望する人は多いようですが、あまり安易に派遣されない理由も、なんとなく納得です。

ちなみに避難所はこんな感じ。





北海道からやってきた赤十字の方々。私がうかがった高田第一中避難所は陸前高田の中でも大きいそうで(不信任案の国会中継を被災地がどう見ているかの報道でも、映っていたくらい)、一通りの機能が揃っています。この診療室には、避難所の方だけでなく、地域住民の方もやってくるそう。
滞在中、おいしいコーヒー(インスタントじゃない!)が来たり、足湯サービスが来たり、そのスケジュールも住民の方々でよく把握して、仲良く利用していました。

 作業中に飲んだ、地元のパックコーヒー!

サポートに行ったつもりのボランティアでしたが、むしろ学ぶことが多かった3日間でした。

次回は実践編! しつこく続けます〜



JUGEMテーマ:ボランティア
 

at 08:00, , ボランティア

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 08:00, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。