<< NYで連れて行ってもらった場所 PART1 | main | 亀治郎が猿之助襲名&香川照之、歌舞伎界へ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

NYで連れて行ってもらった場所 PART2

9月11日は、mayuちゃんとNAOちゃんと一緒!
9.11のことは改めて書きますが、まずは楽しかった話から。

ランチは、10日にNY入りしたmayuちゃん念願のClinton Street Baking Company
ここでNY在住のNAOちゃんと待ち合わせでした。

到着次点で長蛇の列。名前を入れた時点で1時間半待ちといわれましたが、2時間超待ちましたよ、結局

アメリカで一番パンケーキがおいしいと言われた店。ブランチに来ている人たちも多いのです。
日本人だと、外で長蛇の列ができていると、なんとなーく気を遣って、食べたらそそくさと出てきてしまうところだけど、アメリカ人、そんなことありません。ドーーーーンと、日曜のブランチをのんびり楽しみます、例え窓際の席で外に並ぶ人が見えていも。

そして、やっと店内に入れたーーー。

こんな素敵なボードがあったって、注文するものは決まってるんです。

ブルーベリーパンケーキ! …エッグベネディクト同様、本気で自分が好きかどうか分からない食べ物です。でも、NYに来たら食べなきゃいけない衝動に駆られます。
個人的には、もう少し表面はカリッとしていたほうが好みかな。でも、人気店で食べたというのがうれしいです。

ちなみに、mayuちゃんはバナナパンケーキ!

NAOちゃんはオムレツ?? 付け合せのマッシュポテトを焼いたやつ、余ったマッシュポテトの調理アイデアにしようと思いました。キメの細かいハッシュポテトみたいでおいしかった〜。

ここで、もうみんなお腹いっぱい。
この後、NAOちゃんの案内でthe High Line に行くのでしたが、お腹いっぱいなので、腹ごなしに歩いて移動しました。

the High Lineとは、1930年代、ロウワーウエストが製造業の拠点だったころ、ミッドタウンへの輸送手段として開発された高架鉄道跡。その後、すぐに車社会がやってきて、あっという間にお役ゴメンになってしまいました。閉鎖された高架は荒れ果て、暗がりとなる高架下は麻薬取り引きなどの犯罪の温床となったり、浮浪者が集まったりしました。1900年代にNY市長となったジュリアーニが、マンハッタンを安全に、高級にしようという政策のもと、高架鉄道の撤去を宣言します。しかし、その時立ち上がったのが「the Friends of the High Line」。高架鉄道を公園にすることで残そうという運動を起こしました。
メディアにも好意的に取り上げられ、次期市長選を狙うブルームバーグ、大統領選を狙うヒラリー・クリントンが支持したことから、大きな運動に発展。2002年にブルームバーグ市長が誕生したとき、すぐに撤去案は見直され、the Friends of the High Lineの協力のもと、公園化が進められました。

2003年の第一区間オープンに次ぎ、今年6月には第二区間がオープン。今、最もHOTなスポットのひとつになっているようです。



ほら、こんなに素敵な緑の公園! これが高架鉄道の上なんですよー。

鉄道の名残の線路もちゃんとあります。「Stand by me」ごっこもできますね。

街中では分別のブの字もないのですが、ここではリサイクルの分別を推奨! なんだか、普段は街のそこらじゅうにゴミを捨てていそうなロック好きヤングたちが、FUJI ROCKのときだけは、支給されたゴミ袋片手にゴミ拾いするイメージ。
ただ、今回、NYは本当にきれいになったと感じたので、今後、徐々にリサイクル、エコという概念が根付いていくのかもしれません。NYのちょっと怖いところは、こういった“良識”がある一定の層以上で共有され、結果的に、その概念を共有できない人を下層階級として排除していくような雰囲気があるところなのですけどね、私としては…。

こんなふうに水が流れているところもあったり、古いビルなどをアートに見立てていたり、かなりアーティーな空間。ミートパッキング周辺のファッション系の看板も、ハイラインを彩る絵画に見えてきます。

セントラル・パークもそうだけど、NYの人たちって、本当に憩い上手だと思うの。

せっかくだから買い食いしたい〜ということで、NAOちゃんおすすめのアイスキャンディーベンダーpeople's popでアイスを購入することに。
ここのアイスキャンディーは、地元の食物を使って作られているのが特徴。いわゆる、ミルク味とかソーダ味とか、分かりやすいものではなく、とにかくヘルシーな気がするお味なのです。

そのアイスがこちら!
右端が私が食べたしょうがと杏ですが、しょうがの繊維がゴロゴロ入っていて、ピリリという味もして、“風味”ではなく、本当にしょうがでした。おいしかった〜。
ちなみに真ん中はNAOちゃんが食べたラベンダー、左はmayuちゃんのスイカでした。ラベンダーは口の中に本当にラベンダーのフレイバーが残る、不思議な味でした。これは好みが分かれそうでした。

こんな素敵男子が販売してくれるのですよ!

かつては犯罪の温床と言われた高架下ですが、ミートパッキングエリアなど、街のおしゃれ化とハイラインの整備との効果があいまって、トレンドスポットとして変貌を遂げています。


ハイラインの上から見下ろした様子。ホテルのロビー階に位置するオープンカフェです。

KAWSの大きなオブジェが配されて、今っぽい感じです。その後ろのホテル、ロビーまで入ってみましたが、近代的な雰囲気。ロビーには、ファッションORアート関係者と思われる、髪をブルーグリーンに染めた、アメリカ版・小室哲哉または朝倉大介といった感じの方がMacで作業をしていました。
ファッションウィークだったので、もしかしたらファッション関係者の宿泊が多かったのかもしれません。
ちょっと泊まってみたいなー、高そうだけど。

NY在住女子ひとり、NY好きの旅人2人、場所はNYだけれど、話す内容はやっぱり女子トーク。だけど、それが閉鎖的な感じではなく、なんとなく未来を話すような雰囲気になるのは、さすがNYパワー! NYには、自分を好きになる&肯定する、そして前を向くために背中を押してくれるようなパワーがあるように思います。
ある意味、“スピリチュアルスポット”なのかもしれません。

JUGEMテーマ:NEW YORK
 

at 08:04, , NY

comments(4), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 08:04, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
jjj♪, 2011/09/21 10:26 AM

Clinton Street Baking Companyは開店前に並ばないとだめだよー!
私は開店40分前に着いても20分くらい待ったもん。
でも楽しく美味しく食べられてよかったです♪

ジンジャーとアンズのアイス、おいしそー!

海, 2011/09/22 12:11 AM

jjj♪さん
ひえーーー、そうなんだ! 日本だと、二時間待ちなんて言われたら帰っちゃうけど、NYだから頑張って待ちました〜。
ジンジャーのアイス、本当においしかった。家で作れるか、トライしてみようかと思います。

yurico, 2012/01/20 3:13 PM

私が行った時は、まったく並ばず。。。
席も空いてたよ♪って、リンク貼ったけど、2005年だった^^;

量が多くて食べれなかったよ(><)

海, 2012/01/21 12:59 PM

すっごい並んでました。パンケーキだったら、もっとおいしいところ、ありそうですけど、何が違うんでしょうねー。量かな??










trackback
url:http://hiromikishi.jugem.jp/trackback/23