スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

坂井宏朱さん永眠されました

 以前、ブログで取り上げさせていただいた、オートレーサーの坂井宏朱選手が永眠されました。
1月15日、船橋オートレース場で、試合後に練習走行中、落車しフェンスに衝突。そのまま亡くなりました。

仕事で、候補生時代に一度お会いした縁で、デビュー戦も観にいき、ずっと応援していました。
それが、こんな形でお別れになってしまうのは、本当に悲しいです。

本日、増上寺で行われた告別式に参列しました。葬儀場はオートレースの思い出の写真がいっぱいでした。ご両親は、気丈にふるまわれ、オートレーサーとして夢を駆け抜け、多くの人から愛された娘を誇りに思うと話されていました。

親族の方々が気丈にふるまわれる分、同期のレーサーたち、とりわけもうひとりの女性ライダーで、まだ19歳の佐藤選手が涙を止められない姿が痛ましく感じました。佐藤選手のお別れの言葉で、「宏朱ちゃんとは、いっぱい約束をしたよね。覚えていてくれてるかな? 2人で頑張って憧れられるような選手になって、女子選手がいっぱい入ってきてくれるといいねといいました。これからも一緒に頑張ろうね」などと、涙声で語る姿は、本当に切なかったです。
霊柩車が出るとき、同期生たちは泣き崩れる人もおり、「宏朱!」「絶対忘れないから!」など、叫んでいました。佐藤選手も、最後まで号泣していました。

命が失われて、改めて、坂井さんという人の、温かい特別な存在感を知りました。
船橋では、みんなが坂井さんを早く一人前にしようと、多くの選手が直接アドバイスをしたり、指導したりしたそう。これまでそのような選手はおらず、坂井さんの存在が、船橋を「みんなで盛り上げよう」とひとつにしていたそうです。

実力がなかったのに、話題づくりのためにレーサーにされたというようなことを言う人もいますが、私はそうは思わないようにしています。やれると思ったから、みんなが厳しく指導したと思うし、本当に今回は不運だったけれど、この事故がなければ、少しずつ進歩していってくれたと思います。
オートレースは、過去にも大きい死亡事故はあったそうで、そういった事故がなくなる努力はしてほしいけれど、これで女子選手への門戸が閉ざされるとしたら、それは彼女の本意ではないはず。そういう、極端な反応はしてほしくないです。

喪主をつとめたお父様は、若くして亡くなったことに関してはつらいけれど、憧れのオートレーサーになり、憧れの永井選手に教わり、充実した毎日を送っていた、夢に向かって駆け抜けた人生に後悔はないはずとおっしゃられていました。娘を奪う形になったオートレースを、そのように肯定できるのは、ほかでもない坂井さんが、ご両親に自分が充実しているということ、周囲の人によくしてもらっているということを、きちんと伝えていたからだと思います。

最後に、坂井さんは、生前から臓器提供の意思表示をしており、内蔵は損傷してだめだったけれど、目は両目ともきれいな状態だったとのことで、18日、葬儀の前日、無事に2人の方に移植されたと発表されました。死して尚、人の役に立ちたいと行動された坂井さんの心の清らかさ、強さに感銘を受けるとともに、彼女の意志を尊重し、臓器提供をされたご両親にも尊敬の念を抱きます。この親だから、あの子ども…と思いました。

こんなに素晴らしい選手が、27歳という若さで去っていってしまうのは、胸を引き裂かれる気持ちです。
これからも、天国の坂井選手と一緒に、佐藤選手や31期の方々を応援したいと思います。

同期の方々が挨拶で、「休めといっても、努力家の坂井は休まないと思うけど…」と言っていましたが、安らかにお眠りください。

at 01:52, , -

comments(2), trackbacks(0), - -

寺子屋@秀山祭九月大歌舞伎

超久々のブログです!
10月は、仕事が本当に忙しくて、そして、仕事で文章を書きすぎて、ブログを書く気力がありませんでしたー。
でも、そろそろ見たものをまとめておこうと思い、再びブログ更新です。

9月25日(古っ!)に、新橋演舞場にて、秀山祭九月大歌舞伎を観てきました。お目当ては、もちろん、吉右衛門の松王丸@寺子屋です!



又五郎さんの襲名披露ということもあり、こんな華やかな感じです。

歌舞伎の中でも人気演目のひとつ、そして、上演されることも多い「寺子屋」。

ついに菅秀才捜索の手が源蔵の元へ迫ってきた。捨て身で源蔵は一計を案じるが、捕縛にやってきたのは事情を知り尽くした松王丸。絶体絶命と思われたが源蔵の機転で小太郎を身代わりにし、松王も首実検で「菅秀才に相違ござらぬ。」と告げ危機を逃れる。しかしながら、その犠牲はあまりにも大きいものだった。小太郎は松王の実子で松王は身代わりとして差し出していたのだ。菅丞相の側室御園の前もかけつけ菅秀才と再会する。松王夫婦と源蔵夫婦は喜びに呉れながらも、犠牲となった小太郎に涙する。悲痛な「いろは送り」の浄瑠璃の調べで、皆は小太郎の霊を弔い幕となる。(Wikipediaより引用)

この松王丸、舞台写真を勝手にのせられないのでお見せできないのが残念ですが、大きなカツラをかぶり、堂々としたいでたち。大柄なイメージの役。細かい演技力も必要で、もう、吉右衛門にピッタリなんです。ですが、東京で観られるのは平成14年以来(のはず。富十郎さんとの共演でしたよね)、昨年南座でやっていましたが、東京人にとっては久々なのです(兄がこの役を好んでやっちゃうからかなーと穿った見方をする私)。

まず、感想を言うと、観てよかったよーーーーという気持ち♪
登場のシーンから堂々としていて、存在感があります。前半、寺子屋の子どもたちがワイワイとやって、ちょっと面白い感じのところから、松王丸の登場で、空気が変わっていくところがこの演目の面白さのひとつ。あの大きなカツラや、松の雪景色の衣装、そして、ゆったりと寺子屋に入る姿が、緊張感を漂わせます。吉右衛門は、静かで重厚でありながら、やっぱり独特の華やかさがあって、ひきつけられます。吉右衛門の松王丸は、あまり人と目を合わせない(ように見える)のですが、それが独特の迫力になっているのかな? 出だしは顔をあまり下げずに堂々とするので、首実検のときに伏目がちになるところが、心の底の悲しみを強調するように思います。

最初の見せ場は、もちろん首実検。自分の子どもが、菅秀才の身代わりとなったことを知りつつ、「菅秀才の首」と言ってみせるところ。親としての心の痛みがありつつ、それを隠すという演技。ここは、あえて静かに進行しますが、観客としてはストーリーを知っているので、そこでキュンとするのです。このあたり、無駄なことをしない吉右衛門、いいですよね。少し伏目がちにし、体は大きく動かさない。緊張感が漂います。

そして、次の見せ場は、再び源蔵の家を再び訪れ、身代わりとなったのは自分の子どもだと告げる場面。源蔵が、死ぬ間際、小太郎は命ごいをすることなく、潔く首を差し出し笑ったと言ったとき、それまで気丈にふるまっていた松王丸が泣き崩れる。そういう泣かせの部分が、台詞を下から上へとグーッと勢い良く上げていかれる吉右衛門は本当にうまくて、私も号泣です!
最後、全員で型を作って締めなのですが、白い装束で右手に刀を持って型を作る吉右衛門の美しさといったら!! はーっ、いいもの観た、またすぐやってほしいです。

ちなみに、源蔵さんは、私は仁左衛門バージョンが好き。ほかの人はやらないのですが、野辺送り(亡くなった小次郎を弔うために、焼香など、簡単な送りを行う)のときに妻を手伝うんですよね。これが、犠牲となった小次郎への誠意を感じて、仁左衛門の役の解釈の仕方に感動します。

寺子屋、中村座で12月、やりますね。『菅原伝授手習鑑』の「車引」「賀の祝」「寺子屋」を続けて。勘三郎の松王丸を、早々に吉右衛門の松王丸に上書きしたくないのですが(涙)、12月の中村座は、菊之助が張り切って登場なので、観にいこうと思っています。こういう、他流試合的なものにしっかりと参加して、役者としての力量を磨くあたり、菊之助はかの御曹司とは違いますね。さすが音羽屋。秀山祭では、松緑も抜群の安定感を見せていました。



秀山祭とは、先代の芸の継承を目的として、2代目吉右衛門が中心となり、18年からスタートしたもの。なので、ロビーにはこんな写真も。真ん中が松王丸。私は、吉右衛門のほうがカッコイイと思う!

そして、又五郎さん、襲名おめでとうございました!



JUGEMテーマ:歌舞伎
 

at 08:04, , 歌舞伎

comments(0), trackbacks(0), - -

亀治郎が猿之助襲名&香川照之、歌舞伎界へ!

NYの日記もまだ書きたいし、吉右衛門の寺子屋もあったし、急いで書かなきゃだけど、やっぱりこのニュースでしょう!

亀治郎が4代目猿之助襲名&香川照之が歌舞伎界へ!

ニュースでは、香川照之のほうがニュースとして大きかったけど、もちろんもちろん、事実上空白だった猿之助の名前が、亀治郎によって舞台の上に復活するのが大大大ニュースです。

亀治郎、このところ、本当に澤瀉屋の将来を背負うような発言が多く、今か今かと思っていましたが、来年の6月ですね! 今から、チケットが取れるのか心配〜。

ニュースを見て、本当に感動しました、亀治郎と香川照之、浜木綿子の懐の深さに。
香川照之さんほどの方ですから、今から、世話物ならともかく、時代物を演じられると考えているとは思えません、正直。息子の政明くんが、亀治郎の初舞台のときの紋付を着用し、団子を名乗るというのが、今回の全てだと思います。
香川照之も、息子に“猿之助”の道を残してあげたいと思ったかもしれないし、猿之助も、4代目はかなわなくても、5代目は直系を…と思ったのではないでしょうか。
亀治郎も、自分が猿之助を継ぐのは、3代目の意志であるからであり、その後は、団子くんに引き渡す気持ちが現われていました。おそらく、事実上は亀治郎が親のように育てるのではないでしょうか。うーん、澤瀉屋は、いい親族に恵まれている!

離婚は夫婦の問題だけれど、自分を訪ねてきた息子を「息子じゃない」と追い返すというのは、あってほしくないと思うのです。
本来、家族に囲まれて余生を過ごすという幸福は、猿之助は望めないような立場にあったのに、香川照之のおかげで幸せな余生を過ごせることに感謝してほしい。そして、過去、自分がした仕打ちをちゃんと後悔してほしいと思いました(いや、会見見て、「この人…」って思うことしきりだったので)。
歌舞伎の演目には、親子の情と因縁を描いたものも多く、その世界観を見るようなお話でした。

それにしても、どうりで今月の『演劇界』、猿之助特集が手厚いと思った!

 

ほら、こーんな。

香川照之との写真も掲載されていて、ビックリした〜。

猿之助と香川照之との仲の修復につとめたのが、藤間紫さんだったと聞き、香川照之を女手ひとつでここまで育てた浜木綿子といい、女性を見る目は確かなんだな…と、変なところに感心。なのに、今、また内縁の妻が同居しているとか!? 男って、男って…! こういう人だからこそ、しっかり者の妻っていうのがバランスがいいんですかねぇ。
もちろん、亀治郎も、藤間さん亡き後は、変わって奔走したと思います。本当に、周りに恵まれるって大事、と思う出来事でした。

ちなみに、今月の演劇界の見所は、中村屋の小山三さん(91歳)への24時間密着!

さよなら公演のとき、ずいぶん体調を崩されたのがウソのよう!



堅いことで有名な「勘三郎せんべい」を、歯のために、1日1枚食べるですって!? ムリしないで〜。



職業事典までついて、お得な号でした!

演劇界 2011年 10月号 [雑誌]

JUGEMテーマ:歌舞伎
 

at 09:00, , 歌舞伎

comments(0), trackbacks(0), - -